版画作品に見られるサインについて

主に版画作品上にあるサインについて、
作家の死後、残された作品の中には、サインがされていないものも多く、それらの作品にはスタンプが押されることがあります。それらのスタンプとは、法的に登録されたものであり、その作品が真作であることを証明するものになります。

作品のシート上に、署名のように押されるもの(例:シャガール、ルノアール)もあれば、作品の裏側に押される場合もあります。これらのスタンプは、通常のサインと区別するために、通常、アトリエサインと呼ばれています。このアトリエサインの作品は、その作家の生前に、作家自身によってサインされた作品に比べ、評価が低い場合が殆どです。

pagetop