カミーユ・ボンボワ

Bombois Camille

 作品一覧

略歴

1883年 フランスのブルゴーニュ地方ヴィナーレ・レ・ロームに生まれる。
12歳で農場に働きに出され、その後サーカスのレスラー、道路工事夫、印刷工などとして働き生計をたてていたが、やはり絵を描くことが最大の喜びであった。
1922年 39歳の時、モンマルトルの街頭油絵市に並べていた作品が、ノエル・ビュローの目に留まり、雑誌に初めての評論が掲載される。
1970年 逝去。

pagetop