パスキン

Pascin Jules

 作品一覧

略歴

1885年 ブルガリアのヴィッディンに生まれる。
1902年 ボヘミアン生活を送るようになり、ヨーロッパや北アフリカ、アメリカなどを旅行する。その後、ドイツで絵画を学ぶ。
1905年 ミュンヘンで諷刺新聞『ジンプリツィシムス』に挿絵を描く。その後、パリに定住
1914年 第二次世界大戦を逃れ、英国ロンドンへ。そしてNYへ行き展覧会に出品。その後、フロリダからキューバへいく。
1918年 エルミヌ・ダヴィットと結婚
1921年 パリへ戻る。ペル・クローグの妻のリュシーに恋する。また、カフェの「ル・ドーム」や「ラ・クーポール」などで酒を飲み議論する習慣を好んだ。
1930年 逝去

pagetop