モディリアーニ

Modigliani Amedeo

 作品一覧

略歴

1884年 イタリアの実業家の家庭に生まれる。幼少から体が弱く、1900年に結核となり学業を断念。
1902年 フィレンチェ、ヴェネツッアで絵画を学ぶ。
1906年 肖像画家を目指し渡仏。引っ込み思案の性格を克服するかのようにアルコールやハッシシを使用。
1907年 セザンヌの回顧展が開催され、その影響を受けたといわれる。アフリカ美術からも影響を受ける。
1908年 アンデパンダン展に出品
1909-14年 彫刻を中心に制作。ブランクーシのアトリエの隣で制作。
1912年 サロン・ドートンヌに石彫8点を出品。
1915年頃から大戦の中の貧窮から、絵画へ戻る。
1916年 ズボロスキーがモジィリアーニの画商となる。
1917年 画学生のジャンヌ・エビュテルヌと知り合い同棲を始める。彼女の肖像画は数多く制作されている。
1918年 スーチンとともに画商のはからいで南仏へ旅行。この時、他では描かなかった風景画を描く。
1920年 普段の不摂生と従来の持病より肺炎となり死去。モディリアーニの第二子を身ごもっていたジャンヌもアパートより投身自殺する。

pagetop