モネ

Monet Claude

 作品一覧

モネの作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。

美術品の売却はこちら
略歴

1840年 パリに生れる。
 幼年時代をル・アーヴルですごし、ブーダンの感化を受けて画家を志す。パリに出てアカデミー・スイスに通い、カミーユ・ピサロと知り合う。
1860年 アルジェリアで兵役についたが2年後に病で帰郷。
1862年 パリのグレールのアトリエに入り、同門のルノワール、シスレー、バジールらと親交を結ぶ。
1865-68年 クールベ、マネの影響のもとに風景や戸外の人物を描く。
1874年 第1回印象派展(※)にて「印象-日の出」を発表。 ※ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、シスレーなど約30人の芸術家により展覧会。)
1879年 妻・カミーユが死去。
1880年 印象派グループへの出展をやめ、官展にて「ラヴァクール」が入選。
1890年 連作「積みわら」発表。以後、国内外での評価が高まっていく。
1900年 最初の「睡蓮の池」連作が展示される。
1916年 睡蓮の大装飾画を描き始める
1926年 逝去。

pagetop