ヴァン・ドンゲン

Van Dongen Kees

 作品一覧

略歴

1877年 キース・ヴァン・ドンゲンはオランダのロッテルダム郊外デルスハーフェンのビール醸造業の家庭に生まれる。醸造業を手伝いながら、ロッテルダムの美術アカデミーで学ぶ。
1896年 日刊紙のイラスト・レポーターとして働く。
1899年 パリに転居。運送、ペンキ職人の下働きなどを転々とした後、風刺新聞や雑誌ラシェット・オ・ブールやルヴェ・ブランシュなどの挿絵の仕事を行う。その風刺的イメージが、軍隊や教会、資本家などから告発をうける。
その後、アンデパンダン展に出品。
1904年 初個展開催。
1905年 サロン・ドートンヌに出品。ピカソらと親交を深め、フォービズム運動に参加。
1908年 ドレスデンでの「ブリュッケ」の展覧会に参加。ドイツ表現主義に接近。
1909-15年 ギャルリー・ベルネイム=ジョンヌと契約。
1913年 スペイン、モロッコ、エジプトを旅行。第一次大戦後は、流行の肖像画家として社交界で有名に。
1926年 レジェン・ドヌール勲章受章。
1929年 フランス国籍取得。
1967年 パリ国立近代美術館で回顧展。
1968年 モナコにて逝去。

pagetop