ヴィクトル・ヴァザルリ

Vasarely Victor

 作品一覧

略歴

1908年 ハンガリーのペーチュ生まれ。医学部に通うも、途中から美術学校へ。ブタペスト・バウハウスで学び、クレー、カンディンスキー、マレーヴッチの作品に強い影響を受ける。
1930年 パリへ移住。デザイナーとして働き、広告代理店を経営する。構成主義的抽象作品を制作。
1955年 「黄色いマニフェスト」によってオプ・アートの原理を表明。
1964年 グッゲンハイム国際美術展大賞。
1966年 サンパウロ・ビエンナーレ展優秀賞。黒と白の「タウリ」シリーズの制作をはじめる。

pagetop