中山忠彦

Nakayama Tadahiko

 作品一覧

略歴

1935年 福岡県小倉市に生まれる。
1953年 上京し伊藤清永に師事する。
1954年 第10回日展に初出品、「窓辺」で初入選。
1958年 白日展に「群像」を出品し、会員に推挙される。
1965年 結婚。以後、夫人が主要作品のモデルとして登場。
1969年 改組第1回日展に「椅子に倚る」を出品、特選受賞。
1987年 日展会員となる。
1990年 日展に「青衣」を出品、日展会員賞受賞。
1996年 日展に「華粧」を出品、内閣総理大臣賞受賞。
1998年 「黒扇」にて日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員となる。
1999年 日展常務理事となる
2001年 日展事務局長となる。現在は白日会常任委員、日本美術家連盟委員。

pagetop