伊原宇三郎

Ihara Usaburou

 作品一覧

略歴

1894年 徳島県に生まれる。
大阪の今宮中学校で折口信夫に学び影響を受けた。
東京美術学校西洋画科に入学し藤島武二に学ぶ。
1920年 第2回帝展に初入選、翌年卒業する。
1925年 渡仏、各地を旅行し、またサロン・ドトンヌに出品、入選する。
1929年 帰国し、第10回帝展で特選となり、翌年の第11回展でも特選となる。
1932年 東京美術学校助教授に就任する。
1934年 第15回帝展で審査員に推されたが、翌年第2部会結成に加わる。
戦後は1949年日本美術家連盟創立に参加し、以後委員長を10年間勤める。
晩年は同連盟の理事や、国際造形芸術連盟日本国内委員長、日展評議員などの他、
数多くの要職を歴任しながら制作にも励んだ。
1960年 にはフランス政府から芸術文化勲章を贈られる。
新古典主義風の、重量感のある裸婦像など、人物画を数多く制作した。
1976年 没する。

pagetop