加藤唐九郎

Kato Tokuro

 作品一覧

加藤唐九郎の作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。

美術品の売却はこちら
略歴

1897年 愛知県春日井郡に生まれる。生家は、半農半陶の窯屋だった。
1943年 愛知県西加茂郡に窯を構える。その頃は志野の茶碗や唐津釉の雑器及び瀬戸黒茶碗を主として制作していた。
1952年 翠松園に帰り、黄瀬戸や志野及び黒織部茶碗の優れた作品を作ったのは人の知る所である。
その後1985年になるまで唐九郎は、日本の伝統的な造型に学び伝承と場合によっては復元に近い制作に力を注いだ。

pagetop