北大路魯山人

Kitaoji Rosanjin

 作品一覧

略歴

画家、陶芸家、書道家、漆芸家、料理家、篆刻家など様々な顔を持っていた。

1883年 京都府京都市上賀茂に生まれる。上賀茂神社の社家・北大路清操、とめの次男として生まれる。
1893年 小学校を卒業し、京都にて丁稚奉公に出る。
1908年 中国北部を旅し、書や篆刻を習う。
1921年 長浜の素封家・河路豊吉に食客として招かれ、書や篆刻の制作に打ち込む環境を提供される。ここで、福田大観の号で小蘭亭の天井画や襖絵、篆刻など数々の傑作を当地に残している。
1922年 養子に出ていた福田家の家督を長男に譲り、北大

pagetop