圓鍔勝三

EnTsuba Katsuzo

 作品一覧

略歴

1905年 広島県出身
都の彫刻師・石割秀光の内弟子になる。京都市立商工専修学校、関西美術院で彫塑を学ぶ。
上京し日本美術学校彫刻科へ入学
1930年 第11回帝展に入選(作品名「星陽」)
1946年 第2回日展で「砂浜」が特選
1947年 第3回日展で「しろうさぎ」が特選
1950年 第6回日展で「土器を持つ女」が特選。
1950年 多摩美術学校(多摩美術短期大学)教授に就任
1951年 日展審査委員に就任
1953年 多摩美術大学彫刻科教授に就任
1960年 名を勝三に改名。
1962年、日展評議員に就任。
1965年、文部大臣賞(作品「旅情」(第8回日展への出品))、日本芸術院賞受章。
1968年、日本美術家連盟委員、日本彫塑家協会委員長に就任。
1970年 日本芸術院会員。
1971年 日展常務理事に就任。紺綬褒章受章
1976年 勲三等瑞宝章受章
1980年 日本彫刻会理事長に就任。同年、神奈川県文化賞受賞。
1981年 日展顧問に就任。同年、御調町名誉町民第1号に登録される。
1982年 文化功労者
1988年 文化勲章受章
1989年 広島県名誉県民。同年、自伝「わが人生」出版。
2003年 逝去

pagetop