土屋礼一

Tsuchiya Reiichi

 作品一覧

略歴

1946年 岐阜県養老町に生まれる。本名は土屋禮一(れいいち)。
1967年 武蔵野美術大学卒業、加藤東一に師事。
1969年 第1回改組日展に「水たまり」を出品し特選・白寿賞を受賞。
1970年 第5回日春展で「流し」が奨励賞受賞。
1971年 第6回日春展で「女」が日春賞を受賞。
1979年 初めて日展審査員を務める。
1980年 日展会員となる。
1985年 第17回日展に審査員として「隠岐」を出品、日展会員賞受賞。
1988年 日展評議員となる。
1990年 武蔵野美術大学非常勤講師となる。 第3回MOA岡田茂吉賞優秀賞を受賞。
1995年 作品「赤い沼」が文化庁買い上げとなる。
1996年 金沢美術工芸大学の教授となる。
1998年 瑞龍寺本堂障壁画を完成。落款に「禮一」を用いるようになる。

pagetop