徳岡神泉

Tokuoka Shinsen

 作品一覧

略歴

1896年 京都に生まれる。本名は時次郎。
1909年 土田麦僊の紹介で竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入門。
1917年 京都市立絵画専門学校卒業。
1919年 文展落選が続き富士山麓に逃避、「狂女」を描く。
1923年 京都に戻り竹杖会に再び入門。
1925年 第6回帝展で「罌栗」が初入選。
1926年 第7回帝展で「蓮池」が特選となる。
1929年 第10回帝展で「鯉」が特選となる。
1937年 日本女子美術学校日本画部教授となる。
1939年 第3回新文展に「菖蒲」を出品、政府買い上げとなる。
1951年 前年制作の「鯉」が日本芸術院賞を受賞する。
1957年 日本芸術院会員となる。
1966年 文化勲章受章。
1972年 死去。

pagetop