河井寛次郎

Kwai Kanjiro

 作品一覧

略歴

1890年 島根県安来町に生まれる。
1910年 東京高等工業学校(元東京工業大学)窯業科へ入学。
1914年 東京高等工業学校(現、東京工大)窯業科卒業。京都市立陶磁器試験所に入所し研究製作に励む。
1920年 現住所に住居、窯を設け、結婚。
1921年 「創作陶磁展覧会」を東京と大阪の高島屋で開催。
1926年 柳宋悦、濱田庄二とともに日本民芸美術館設立趣意書を発表。
1929年 高島屋で個展開催。古典から日用の器へと路線変更する。
1937年 民家を範とした自宅(現、記念館)を設計、建築。同年、「鉄辰砂草花図壷」が、パリ万博でグランプリ、ミラノ・トリエンナーレ展グランプリなど、陶芸を中心に木彫り、文章等の芸術作品を世に送り出し「土と炎の詩人」とよばれた。
1947年 自作の詩「火の誓い」を棟方志功の版画で制作。随筆「いのちの窓」を陶土に刻んだ陶板を完成させる。
1955年 文化勲章受章。
1957年 「白地草花絵扁壷」が、ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリを受賞
1966年 76歳で逝去。

pagetop