白隠慧鶴

Hakuin Ekaku

 作品一覧

略歴

1685年 駿河の原宿で生誕。
1700年 地元の松蔭寺の単嶺祖伝のもとで出家する。沼津の大聖寺息道に師事する。
1703年 清水の禅叢寺の僧堂に掛錫するが、禅に失望し詩文に耽る。雲棲朱宏の『禅関策進』によって修行に開眼、諸国を遊方する。美濃(岐阜県)の瑞雲寺で修行。
1708年 越後(新潟県)高田の英巌寺性徹のもとで「趙州無字」の公案によって開悟。その後、信州(長野県)飯山の道鏡慧端(正受老人)のもとで大悟、嗣法となる。
1710年 京都の北白川で白幽子という仙人に内観法を学び、禅病が完治する。
1716年 諸方の遊歴より、松蔭寺に帰郷。
1763年 三島(静岡県)の龍澤寺を中興開山。
1768年 松蔭寺にて示寂。

諡号 神機独妙禅師
正宗国師
生地 駿河国
宗派 臨済宗
師 道鏡慧端
著作 『夜船閑話』
『坐禅和讃』

pagetop