藤原啓

Fujiwara Kei

 作品一覧

略歴

1899年 岡山県和気郡伊里村穂浪に生まれる、本名敬二
1938年 穂浪在住の正宗白鳥の弟で万葉学者の正宗敦夫から、
備前焼を焼くことを勧められる
1948年 国の指定による丸技作家の資格を受ける、この時資格を
得られたのは備前焼では金重陶陽、山本陶秀、藤原 啓の三人だけである
1954年 春、北大路魯山人の斡旋により、個展(日本橋高島屋)
岡山県指定無形文化財「備前焼」保持者に認定される
1956年 日本工芸会正会員に推される
1958年 日本工芸理事に推される、以後35年まで理事を勤める
1970

pagetop