日本画家

千住博 ウォーターフォール VII
画像を拡大

作品名:ウォーターフォール VII

作家名:千住博

購入価格:1,512,000円

技法 /
HSエディション
サイズ /
(縦) 72.4 cm (横) 116.7cm
ED /
150
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

「HSエディション」とは千住博とデジタル版画製作の第一人者、長谷川真紀男の共同開発により生まれた、世界にも類のない新しいデジタル版画であり、その名は二人のイニシャルより名づけられた。従来の版画になかった、日本画特有の岩絵具、墨の持つ質感の完全な再現性を追及した結果つくりだされたもので、またそのインクも千住博の強い要望にて日本画の絵具と同じタイプを用いることで芸術性がより高められ、150年の耐久性を持つように開発されている。
千住がモチーフとして好んだ滝。一見同じように見える滝にもそれぞれの表情がある。左右に広がりをもち束になって落ちる滝は、いくつかの別々の流れがそこで集約された一つの大きなものとなった瞬間のような強い生命力が感じられる。

略歴

1958年 東京に生まれる。
1982年 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
1987年 同大学院博士課程修了。
1989年 「千住博画集」(求龍堂グラフィックス)刊行。
1993年 絵本「星のふる夜に」(冨山房)刊行。ニューヨーク・アートディーラーズ・フェアに出品。
1995年 彫刻の森美術館「千住博 Waterfalls&Glasses 展」(箱根)。ロンドン現代美術館「ビューティフルプロジェクト」展。
1996年 バーゼル・アート・フェアに出品。
1997年 大徳寺聚光院別院襖絵制作に着手。

pagetop