洋画家

山下清 金せん花
画像を拡大

作品名:金せん花

作家名:山下清

購入価格:713,000円

技法 /
紙にペン
サイズ /
(縦) 41 cm (横) 31.8cm
作品状態 /
若干の退色あり
備考 /
サイン、印あり
山下清鑑定会鑑定書あり
作品について

日本中を放浪していたことで知られる山下清。その旅で見たのは、冬を越し力強く咲き誇る金盞花だったのでしょう。自然を愛し、身近なものを愛した山下清の意志が感じられます。

略歴

1922年 東京浅草に生まれる。
1934年 千葉県の養護施設「八幡学園」に入園。貼絵の手ほどきを受け、その特異な才能が発見される。
1939年 突然八幡学園から失踪。15年にわたる放浪生活を始める。その旅で印象づけられた風景を貼絵にし、画家や文学者から絶賛される数々の傑作を制作。
1954年 鹿児島にて放浪生活を終える。以後数年間、全国各地で作品展を開催。観客動員数800万人という大記録を達成。
1961年 ヨーロッパ一周スケッチ旅行にでかけ、40余日間で数十ヶ国を廻る。帰国後、50点以上の素描や水彩画をまとめ、全国巡回展を開催。大反響を呼ぶ。
1971年 死去。享年49歳。

pagetop