版画家

棟方志功 釈迦十代弟子 “普賢菩薩の柵”
画像を拡大

作品名:釈迦十代弟子 “普賢菩薩の柵”

作家名:棟方志功

購入価格:お問い合わせください

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 94.5 cm (横) 30.3cm
制作年 /
1939年
作品状態 /
良好
備考 /
巴里爾シール 印
作品について

棟方志功の最高傑作「二菩薩釈迦十大弟子」は、興福寺の国宝須菩提像を拝観した志功が深く感銘を受け制作した名品である。この作品で志功はサンパウロ・ビエンナーレに続きヴェネツィア・ビエンナーレでも大賞に輝き、世界のムナカタとして不動の地位を築いている。大乗仏教における崇拝の対象である菩薩の一尊、四七日の仏とされる普賢菩薩を描いています。

略歴

1903年 青森県に生まれる。
1921年 ゴッホの「ひまわり」を見て画家になろうと決心する。
1928年 平塚運一に出会い、版画誌「版」の同人となる。第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に入選。油絵「雑園」で帝展初入選。
1935年 国画会会友に推挙される。
1960年 日展評議委員となる。左眼を失明。日版会を設立。
1963年 紺綬褒章を受章。倉敷の大原美術館に棟方館完成。
1970年 文化勲章受章、文化功労者に顕彰される。毎日芸術大賞受賞。
1975年 死去。享年72歳。

pagetop