版画家

棟方志功 釈迦十大弟子“羅ご羅の柵”
画像を拡大

作品名:釈迦十大弟子“羅ご羅の柵”

作家名:棟方志功

購入価格:お問い合わせください

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 103 cm (横) 44cm
作品状態 /
良好
備考 /
委員会シール、サイン、印あり
作品について

棟方志功の最高傑作『釈迦十大弟子 』は、陽と影を表す個性豊かな十体の弟子の柵からなり、六曲屏風に仕立てる事を考え、後に二菩薩が加えられた。棟方志功はこれを下絵も描かず板木に筆を下ろし、一気に彫り上げたという。「大和し美し」と並び初期の代表作であり、後にサンパウロ、ヴェネツィアでの国際美術展で受賞、世界的にも棟方志功を有名にした。釈迦の実子でもあり弟子の羅ご羅を描いています。

略歴

1903年 青森県に生まれる。
1921年 ゴッホの「ひまわり」を見て画家になろうと決心する。
1928年 平塚運一に出会い、版画誌「版」の同人となる。第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に入選。油絵「雑園」で帝展初入選。
1935年 国画会会友に推挙される。
1960年 日展評議委員となる。左眼を失明。日版会を設立。
1963年 紺綬褒章を受章。倉敷の大原美術館に棟方館完成。
1970年 文化勲章受章、文化功労者に顕彰される。毎日芸術大賞受賞。
1975年 死去。享年72歳。

pagetop