版画家

竹久夢二 立田姫
画像を拡大

作品名:立田姫

作家名:竹久夢二

購入価格:売約済み

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 44.5 cm (横) 34cm
作品状態 /
良好
備考 /
版上サイン
作品について

京都版画院「竹久夢二版画集」からの1枚「立田姫」。夢二郷土美術館所蔵の夢二の代表作である「立田姫」が描かれています。夢二自身が、「自分の一生涯における総くくりの女だ。ミス・ニッポンだよ。」と語ったと伝えられている、夢二が到達した理想の女性像です。

略歴

1884年 岡山県の酒屋に生まれる。
1899年 早稲田実業学校に入学。
1905年 在学中に「中学世界」のコマ絵「筒井筒」が一等入選。
1909年 最初の著書「夢二画集春の巻」刊行。その後6冊を刊行。
1910年 絵葉書「月刊夢二カード」第一集発行。
1912年 雑誌「少女」に「宵待草」発表。
1918年 京都府立図書館で個展を開く。菊富士ホテルにて「黒船屋」を制作する。
1931年 アメリカへ出航。展覧会など行う。その後欧州へ渡る。
1933年 滞欧中に病気が悪化して帰国。
1934年 信州富士見高原療養所へ入院。当地にて死去。享年52歳。

pagetop