洋画家

荻須高徳 ラップ通り
画像を拡大

作品名:ラップ通り

作家名:荻須高徳

購入価格:151,200円

技法 /
リトグラフ
サイズ /
(縦) 21 cm (横) 15.5cm
ED /
250
レゾネ /
144
制作年 /
1986年
作品状態 /
良好
備考 /
版上サイン
作品について

「芸術家の仕事は、ギリギリのきびしさと結びついた自由を必要とする。小舟にのって大海に放り出された自由。必死に操らないと溺れてしまう自由。そしてパリは、世界で一番自由な場所だと思う」(『美術手帳』1966年より)
荻須にとってパリに住み、パリを描くのは必然な流れでした。

略歴

1901年 愛知県に生まれる
1921年 上京し川端画学校で学ぶ。藤島武二に師事。
1927年 東京美術学校西洋画科を卒業し、渡仏。
1928年 サロン・ドートンヌに初入選。
1948年 戦後初めて日本人画家として再渡仏。
1956年 レジオン・ドヌール勲章授章。
1972年 勲三等旭日章授章。
1981年 文化功労者に顕彰される。
1982年 フランスで荻須高徳の肖像を浮彫にしたメダイユが発行される。
1986年 10月14日パリてに死去、享年85歳

pagetop