洋画家

荻須高徳 街角の家
画像を拡大

作品名:街角の家

作家名:荻須高徳

購入価格:売約済み

技法 /
リトグラフ
サイズ /
(縦) 54.5 cm (横) 45cm
ED /
EA
レゾネ /
130
制作年 /
1984年
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

灰色の空に赤と白の壁のコントラストが目を引く作品。荻須高徳の愛したパリの何気ない街角が、物語のワンシーンのように情感豊かな景色へと鮮やかに描かれています。

略歴

1901年 愛知県に生まれる
1921年 上京し川端画学校で学ぶ。藤島武二に師事。
1927年 東京美術学校西洋画科を卒業し、渡仏。
1928年 サロン・ドートンヌに初入選。
1948年 戦後初めて日本人画家として再渡仏。
1956年 レジオン・ドヌール勲章授章。
1972年 勲三等旭日章授章。
1981年 文化功労者に顕彰される。
1982年 フランスで荻須高徳の肖像を浮彫にしたメダイユが発行される。
1986年 10月14日パリてに死去、享年85歳

pagetop