洋画家

須田剋太 椿花
画像を拡大

作品名:椿花

作家名:須田剋太

購入価格:売約済み

技法 /
油彩
号数 /
8
作品状態 /
良好
備考 /
サイン、共シールあり
須田剋太委員会鑑定書あり
作品について

力強く奔放なタッチが特徴の須田剋太。司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵画家としても幅広い人気を持つ作家の大胆な筆遣いが冴え渡る作品です。

略歴

1906年 埼玉県に生まれる。本名は勝三郎。
1927年 旧制中学を卒業し、川端画学校に学んだ後は独学で絵を描いていく。
1936年 文展に「休憩時間」で初入選。
1949年 長谷川三郎と出合い、抽象画を制作するようになる。
1950年 森田子龍が編集にあたっていた「書の美」に論文を発表。
1955年 日本抽象美術展に出品(東京国立近代美術館)。
1957年 第4回サンパウロ・ビエンナーレに出品。
1961年 カーネギー国際現代絵画彫刻展(アメリカ)に出品。
1971年 週刊朝日に司馬遼太郎「街道を行く」

pagetop