• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧|藤田嗣治 作品一覧
作家作品一覧
作家名
藤田嗣治
Fujita Tsuguharu (Leonard Foujita)

322 件の作品があります。
<< 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >>
藤田嗣治 夢(スピッツァー版)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
夢(スピッツァー版)
■技法
ヘリオグラビュール

藤田嗣治 座る裸婦(アルバム「女」より)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
座る裸婦(アルバム「女」より)
■技法
エッチング、アクアチント

藤田嗣治 横たわるブロンドの女性(アルバム「女」より)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
横たわるブロンドの女性(アルバム「女」より)
■技法
エッチング、アクアチント

藤田嗣治 二人の座る裸婦(アルバム「女」より)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
二人の座る裸婦(アルバム「女」より)
■技法
エッチング、アクアチント

藤田嗣治 横を向いて立つ裸婦(アルバム「女」より)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
横を向いて立つ裸婦(アルバム「女」より)
■技法
エッチング、アクアチント

藤田嗣治 眠る女性
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
眠る女性
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 猫十態 横たわる猫
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫十態 横たわる猫
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 猫十態 眠る猫
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫十態 眠る猫
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 猫十態 眠る猫
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫十態 眠る猫
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 猫十態 黒い猫
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫十態 黒い猫
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 雪ん子
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
雪ん子
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 猫を抱く少女
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫を抱く少女
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 青い目をした少女
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
青い目をした少女
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 二人の子供
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
二人の子供
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 花を持つ少女
■作家名
藤田嗣治
■作品名
花を持つ少女
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 小児(坊主頭の少年)
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
小児(坊主頭の少年)
■技法
カラーエッチング

藤田嗣治 薔薇色のスカーフをまいた婦人
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
薔薇色のスカーフをまいた婦人
■技法
エッチング

藤田嗣治 母と子
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
母と子
■技法
リトグラフ

藤田嗣治 パンを持つ少女
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
パンを持つ少女
■技法
リトグラフ

藤田嗣治 猫を抱く少女
 
■作家名
藤田嗣治
■作品名
猫を抱く少女
■技法
リトグラフに手彩色


<< 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >>
藤田嗣治の作品は買取強化中です。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
ご自宅に眠っている美術品はございませんか?買取・査定致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
美術品の売却はこちら

藤田嗣治 略歴

1886年 東京に生まれる。
1905年 東京美術学校西洋画科に入学。
1913年 パリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交遊を結ぶ。
1919年 サロン・ドートンヌに出品し全作品入選、会員に推挙される。
1921年 サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる。
1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1940年 パリから帰国。
1943年 朝日文化賞受賞。
1948年 近代日本美術総合展に出品。
1949年 渡米の後、パリに戻る。
1951年 「我が室内」「アコーデオンのある静物」など代表作をパリ国立近代美術館に寄贈。
1955年 フランス国籍を取得。日本芸術院会員を辞任。
1959年 君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナール。
1966年 ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を自ら建設。
1968年 死去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。