• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧|草間弥生(草間彌生) 作品一覧
作家作品一覧
作家名
草間弥生(草間彌生)
Kusama Yayoi

307 件の作品があります。
<< 1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>
草間弥生(草間彌生) 果物(#234)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
果物(#234)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) かぼちゃと果物
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
かぼちゃと果物
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) ニューヨーク
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
ニューヨーク
■技法
リトグラフ、コラージュ

草間弥生(草間彌生) 赤富士
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
赤富士
■技法
リトグラフ、コラージュ

草間弥生(草間彌生) Flowers(#309)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
Flowers(#309)
■技法
リトグラフ

草間弥生(草間彌生) 夜の花
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
夜の花
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 夜の花(B)
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
夜の花(B)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 花 AZ
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
花 AZ
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 花 FW
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
花 FW
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 三本の花(T)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
三本の花(T)
■技法
リトグラフ

草間弥生(草間彌生) 三本の花(U)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
三本の花(U)
■技法
リトグラフ

草間弥生(草間彌生) 花カゴ
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
花カゴ
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 蝶(#81)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
蝶(#81)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 蝶(#82)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
蝶(#82)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) FLOWERS(#83)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
FLOWERS(#83)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) タンポポ
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
タンポポ
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) FLOWERS(1)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
FLOWERS(1)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) FLOWERS(2)
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
FLOWERS(2)
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) チューリップ
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
チューリップ
■技法
シルクスクリーン

草間弥生(草間彌生) 百合
 
■作家名
草間弥生(草間彌生)
■作品名
百合
■技法
シルクスクリーン


<< 1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>
草間弥生(草間彌生)の作品は買取強化中です。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
ご自宅に眠っている美術品はございませんか?買取・査定致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
美術品の売却はこちら

草間弥生(草間彌生) 略歴

1929年 草間彌生は長野県松本市に生まれる。
1948年 京都市立美術工芸学校に編入し、翌年卒業。
1957年 渡米。ボディペインティングなど多数ハプニングを行う。
1968年 自作自演の映画「草間の自己消滅」で第4回ベルギー国際短編映画祭入賞、アン・アーバー映画祭銀賞、第2回メリーランド映画祭入賞。
1973年 帰国。
1983年 小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生時代新人賞を受賞。
1996年 ニューヨークのギャラリーを中心に活動を始める。
1998年 ニューヨーク近代美術館、東京都現代美術館などで大回顧展開催。
2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰を受賞。
2001年 朝日賞受賞。
2002年 松本市美術館開館記念個展、紺綬褒章受章。
2003年 フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲。
2006年 旭日小綬章受章、高松宮殿下記念世界文化賞受賞。