• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧|棟方志功(リトグラフ) 作品一覧
作家作品一覧
作家名
棟方志功(リトグラフ)
Munakata Shiko (lithograph)

30 件の作品があります。
 2 >>
棟方志功(リトグラフ) 大弁財天妃神尊像之図
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
大弁財天妃神尊像之図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 大弁財天妃神尊像図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
大弁財天妃神尊像図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 御吉祥大辨財天御妃尊像図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
御吉祥大辨財天御妃尊像図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) はまなす妃図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
はまなす妃図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 御八大龍王妃神尊々之図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
御八大龍王妃神尊々之図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 大聖妙愛染明王尊像
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
大聖妙愛染明王尊像
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 赤不動明王図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
赤不動明王図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) りんご花風図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
りんご花風図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 青裳施無畏御尊像図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
青裳施無畏御尊像図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 竹明妙図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
竹明妙図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 妙如大界妃図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
妙如大界妃図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 光明開韻妃図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
光明開韻妃図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 順風萬里図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
順風萬里図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 円窓無片雲妃図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
円窓無片雲妃図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 餘香佳韻図
 
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
餘香佳韻図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 天乃宇受女之美古登の図
売約済み
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
天乃宇受女之美古登の図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 大慈航観世音菩薩図
売約済み
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
大慈航観世音菩薩図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 清妙妃図
売約済み
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
清妙妃図
■技法
リトグラフ、木版

棟方志功(リトグラフ) 天乃宇受女之美胡登図
売約済み
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
天乃宇受女之美胡登図
■技法
リトグラフ

棟方志功(リトグラフ) 御青施無畏図
売約済み
■作家名
棟方志功(リトグラフ)
■作品名
御青施無畏図
■技法
リトグラフ


 2 >>
棟方志功(リトグラフ)の作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。
美術品の売却はこちら

棟方志功(リトグラフ) 略歴

1903年 棟方志功、青森県に生まれ中学時代ゴッホの作品を知り、画家を志す。
1928年 日本創作版画協会展、春陽会、帝展にて入選、また同年、平塚運一に出会い、版画誌「版」の同人となる。
1932年 国画会会員に推挙される。
1960年 棟方志功、日展評議委員となる。このころ眼病が悪化し、失明後も制作を続けられるように目隠しで版画制作を試みる。
1963年 年藍綬褒頌を授与される。
1970年 棟方志功、文化勲章受章。独自に自己の版画を板画と呼び
また、肉筆画を倭絵と表現し、ひたむきさと奔放無頼な造形で、 生涯版画制作に情熱を捧げた。