• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧木内克 作品一覧|木内克 裸婦
作品詳細
技法 ブロンズ
サイズ 立体(cm) (縦) 10 (横) 14 (高) 24.5
作品状態 良好
備考 刻印あり
共箱あり

1892年茨城県に生まれる。
上京し同郷の彫金家、海野美盛に学んだ後、1914年朝倉文夫の塾生となる。
1916年第10回文展に入選。以後官展に出品する。
1921年渡英。翌22年パリに行きグランド・ショミエールでブールデルの指導を受ける一方、藤田嗣治、福沢一郎らと交流しながら自由研究を続け、アルカイック期のギリシャ彫刻に傾倒する。同時に、原型から型どった粘土を素焼するテラコッタの技法の修得に努める。
1935年に帰国。翌年から1940年まで二科展に出品。滞欧作は戦後の1948年第2回新樹会展に招待出品し、テラコッタによる独自の表現が新鮮な驚きをもって迎えられ高く評価される。
1951年新樹会会員。同年第3回毎日美術賞、
1962年第5回現代日本美術展優秀賞。
1970年第1回中原悌二郎賞を受賞。
1977年没する。
没年の翌年1978年茨城県立美術博物館で遺作展が開催されている。
OPEN 作家紹介
木内克作品
木内克 裸婦
木内克 裸婦





木内克 裸婦

木内克 裸婦 画像拡大する
木内克 裸婦 拡大画像





作品について
アルカイック期のギリシャ彫刻に傾倒し、テラコッタ作品を多く残した木内克の貴重なブロンズ作品。特異な作風の具象派彫刻で裸婦像を見事に表現しています。