• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧ジャンボローニャ 作品一覧|ジャンボローニャ サビニの女たちの略奪
作品詳細
作品名

サビニの女たちの略奪

作家名

ジャンボローニャ

購入価格 売約済み
作品探し依頼フォーム
技法 ブロンズ
サイズ 立体(cm) (縦) 28 (横) 20 (高) 63

ジャンボローニャ(Giambologna、1529年 - 1608年8月13日)

後期ルネサンスまたはマニエリスムの彫刻家。
フランドルのドゥエー(現在はフランス国内)で生まれる。
アントウェルペンで建築家で彫刻家の Jacques du Broeucq に学び、1550年にイタリアに移り住む。
ローマで特に古典古代の彫刻について詳細に学ぶ。
ミケランジェロにも大きな影響を受けたが、感情表現をやや強調し、表面の滑らかさや優雅さや美をさらに強調した独自のマニエリスム様式を発展させた。
教皇ピウス4世の命で最初の大作であるネプトゥーヌスの巨大ブロンズ像を制作。
1553年フィレンツェに移り住んでから彫刻家としての最盛期を迎える。
10年後、メディチ家のコジモ1世大公が1563年1月13日に創設した Accademia delle Arti del Disegno の会員となる。
79歳のときフィレンツェで死去。
OPEN 作家紹介
ジャンボローニャ作品
ジャンボローニャ サビニの女たちの略奪
ジャンボローニャ サビニの女たちの略奪

ジャンボローニャ サビニの女たちの略奪 画像拡大する
作品について
動きを捉えるセンスと卓越した表面仕上げの技法で知られたジャンボローニャ。古代ローマの伝説的挿話の1つ“The Rape of the Sabine Women”を元に三人の人物が複雑に絡み合った様を描いた意欲作である。実物は、フィレンツェのシニョリーア広場にあるロッジア・ディ・ランツィにある。