• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧パブロ・ピカソ 作品一覧|パブロ・ピカソ 4人の裸婦と顔の彫刻
作品詳細
作品名

4人の裸婦と顔の彫刻

作家名

パブロ・ピカソ

購入価格 お問合せください。
メールでの問い合わせ 作品のお問い合わせ
技法 エッチング、ビュラン
サイズ 画寸(cm) (縦) 22.3 (横) 31.6
ED 250部より
レゾネ 219
制作年 1934
作品状態 良好
備考 サインあり
スイートヴォラールNo.82
「Vollard」のウォーターマーク

1881年 パブロ・ピカソはスペインのマラガに生まれる。
1895年 バルセロナのエコール・デ・ボザールに入学。
1900年 パリに移り、ロートレックなどの影響を受ける。
1901年 画商のボラールがピカソ初めての個展をパリで開催。
1901年 この年から1904年にかけてピカソの「青の時代」。
1905年 この年から1906年にかけてピカソの「バラの時代」。
1907年 ニグロ芸術とセザンヌの影響から、キュビズムの記念碑的な作品となる「アヴィニョンの娘たち」を制作。
1911年 作風が分析的キュビズムから総合的キュビズムに発展。
1920年 一時「新古典主義の時代」といわれる具象作品となる。
1937年 大作「ゲルニカ」を制作。
1973年 南フランスにて死去。享年91歳。
OPEN 作家紹介
パブロ・ピカソ作品
パブロ・ピカソ 4人の裸婦と顔の彫刻
パブロ・ピカソ 4人の裸婦と顔の彫刻

パブロ・ピカソ 4人の裸婦と顔の彫刻 画像拡大する
パブロ・ピカソ 4人の裸婦と顔の彫刻 拡大画像





作品について
ピカソの代表的な銅版画の連作「スイート・ヴォラール」より「4人の裸婦と顔の彫刻」。
この連作は大画商ヴォラールが依頼したもので、連作100枚一組を”LA SUITE VOLLARD”と名付けた。「ピカソ夫人像」がカーネギー賞を受賞した1930年から1937年にかけて作られた連作で、ピカソ49歳〜56歳に渡る絶頂期の仕事であり、銅版画の技法が十二分に駆使されている。