• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧小野忠重 作品一覧|小野忠重 猫の橋
作品詳細
技法 木版画
サイズ 画寸(cm) (縦) 29 (横) 44
ED 30
制作年 1957
作品状態 良好
備考 版上サイン、シート裏面にサインあり
購入価格はシート本体のみ
額装代は別途

1909年1月19日 東京都墨田区向島に生まれる。
1924年 蒼原会に加入、白日会第2回展に出品。
1927年 早稲田実業学校在学中から卒業まで本郷絵画研究所に学ぶ。
1929年 日本プロレタリア美術家同盟主催のプロレタリア美術展に出品。
1931年 プロレタリア美術展に連作「三代の死」出品。
1932年 日本版画協会第2回展に出品。藤牧義夫らと「新版画集団」を創立。
1933年 「死を回る人々」制作。
1936年 日本版画協会主催の「欧米巡回展」の出品作品に選定される。第1回版画協会賞受賞。同年、新版画集団を「造形版画協会」に改組改称。
1940年 紀元2600年奉祝美術展に出品。
1948年 第2回日本アンデパンダン展(日本美術会主催)出品。
1957年 第1回東京国際版画ビエンナーレ展出品。
1960年 「工場」を制作。
1961年 ソ連で初めての現代日本版画展に招待される。帰国後、エッセイ「ソ連の美術館」、「ソヴィエットの日本画」を『三彩』に掲載。
1963年 東京藝術大学版画研究室の講師となる。
1966年1月 「版画・戦後20年の歩み」を『みづゑ』に発表。「日本の木版技術と複製」を『東京藝術大学美術学部紀要』(通号 2)に掲載。
1967年 「民衆版画考」を『東京藝術大学美術学部紀要』(通号3)に掲載。
1968年 第6回東京国際版画ビエンナーレ展諮問委員を委嘱。
1970年 装幀に関する研究成果として、「本の美術史」の連載を『三彩』で開始。
1972年 第7回東京国際版画ビエンナーレ展諮問委員を委嘱される。
1979年 紫綬褒章を受章。
1989年 『小野忠重と「新版画」の作家たち展』(神奈川県立近代美術館)開催。
1990年10月17日 死去。
1994年10月16日 東京都杉並区に小野忠重版画館開館。
OPEN 作家紹介
小野忠重作品
小野忠重 猫の橋
小野忠重 猫の橋

小野忠重 猫の橋 画像拡大する
作品について
戦後「木版陰刻」などの手法により独自の作風を確立していった小野忠重。小野は戦後、主に風景をテーマに独自の視線によっていきいきとした作品を生み出した。それは小野の心象風景であり、戦前からの一貫したリアリズムの精神が流れている。

小野忠重作品のこちらの作品もおすすめいたします。