• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧菱田春草 作品一覧|菱田春草 黒き猫
作品詳細
技法 木版画
サイズ 画寸(cm) (縦) 73 (横) 24.3
ED 200
備考 版上サイン
摺り:アダチ版画研究所

1874年 長野県飯田に生まれる。
1888年 上京して城正明に日本画を学ぶ。
1890年 東京美術学校普通科に入学。橋本雅邦に師事する。
1894年 岡倉天心の勧めで川端玉章に円山派を学ぶ。
1895年 卒業制作「寡婦と孤児」が最高点を得る。帝国博物館より古画の模写を委嘱。
1896年 日本絵画協会第1回共進会に「春艸」と号して「四季山水図」を出品。
1898年 日本美術院創立に参加。
1903年 横山大観とともにインドへ渡航。
1906年 日本美術院の五浦移転。大観、観山らとともに制作をした。
1907年 国画玉成会結成に参加し、評議員となる。
1909年 第3回文展で「落葉」が2等賞受賞。
1910年 第4回文展に「黒き猫」を出品。
1911年 死去。
OPEN 作家紹介
菱田春草作品
菱田春草 黒き猫
菱田春草 黒き猫

菱田春草 黒き猫 画像拡大する
作品について
春草の代表作である「黒き猫」の木版画。秋に色づく柏の木の下で鋭いまなざしの黒猫がこちらの様子を伺っています。写実と装飾の調和も美しい、日本絵画史に燦然と輝く作品です。