• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧パスキン 作品一覧|パスキン 少女と猫
作品詳細
作品名

少女と猫

作家名

パスキン

購入価格 売約済み
作品探し依頼フォーム
技法 パステル、水彩
サイズ 画寸(cm) (縦) 47 (横) 60
作品状態 良好
備考 サインあり
イブ・エマンカタログ掲載あり

1885年 ブルガリアのヴィッディンに生まれる。
1902年 ボヘミアン生活を送るようになり、ヨーロッパや北アフリカ、アメリカなどを旅行する。その後、ドイツで絵画を学ぶ。
1905年 ミュンヘンで諷刺新聞『ジンプリツィシムス』に挿絵を描く。その後、パリに定住
1914年 第二次世界大戦を逃れ、英国ロンドンへ。そしてNYへ行き展覧会に出品。その後、フロリダからキューバへいく。
1918年 エルミヌ・ダヴィットと結婚
1921年 パリへ戻る。ペル・クローグの妻のリュシーに恋する。また、カフェの「ル・ドーム」や「ラ・クーポール」などで酒を飲み議論する習慣を好んだ。
1930年 逝去
OPEN 作家紹介
パスキン作品
パスキン 少女と猫
パスキン 少女と猫

パスキン 少女と猫 画像拡大する
パスキン 少女と猫 拡大画像





作品について
エコール・ド・パリ全盛の1920年代、モンパルナスで華やかな浪費生活をし「モンパルナスの王子」の異名を得たパスキン。柔らかく淡い画風が特徴で、特に女性を好んで描きました。作品を通し、パリの哀愁と甘美な世界と作家自身抱える内面的な不安を見事に表現しています。