吉原治良「黒地に赤い円 作品名」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

現代アート

吉原治良 黒地に赤い円 作品名
画像を拡大

作品名:黒地に赤い円 作品名

作家名:吉原治良

価格:売約済み

技法 /
シルクスクリーン
制作年 /
1969年
作品について
略歴

1905年 大阪市の油問屋(後の吉原製油、現在のJ-オイルミルズ)の御曹司として生まれる。北野中学校在学中に油絵をはじめる。関西学院高等商業学部卒業。
1928年 渡仏後、初の個展。当初は魚を題材に描き、藤田嗣治に作品を見てもらうが、独自性のなさを指摘され抽象絵画へ転向していった。
1938年 東郷青児主催の二科会の抽象画家らと「九室会」結成。
1952年 「現代美術懇談会」結成
1954年 「具体美術協会」結成。結成時のメンバーは吉原を筆頭に、嶋本昭三、山崎つる子、正延正俊、吉原通雄、上前智祐、吉田稔郎、東貞美ら。
1960年 タピエと共同でアドバルーンを利用した「インターナショナル・スカイ・フェスティバル」を開催
1962年 中之島にあった自分の所有する土蔵(現在の阪神高速中之島入口の南向かいの場所)を改造して具体美術協会の本拠となるギャラリー「グタイピナコテカ」を開き、会員たちの個展を開いた。
1972年 逝去

pagetop