版画家

山本容子 ぶよぶよした犬の前奏曲
画像を拡大

作品名:ぶよぶよした犬の前奏曲

作家名:山本容子

購入価格:108,000円

技法 /
エッチング
サイズ /
(縦) 10 cm (横) 15cm
ED /
80
制作年 /
2000年
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

柔らかく繊細な描線と独特の色使いが特徴の山本容子。エリック・サティのピアノ独奏曲『犬のためのぶよぶよとした前奏曲』(Préludes flasques <pour un chien>)をイメージして描かれた作品です。

略歴

銅板画家。
1952年 埼玉県浦和市生まれ、大阪育ち。
1978年 京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。
抜群の構成力と印象的な色使いで、酒脱で洗練された雰囲気をもつ独自の銅板画の世界を確立。
アートをもっと身近に感じてほしいと願い、書店もひとつのギャラリーであるという発想のもとに、吉本ばなな「TUGUMI]をはじめ、数多くの書籍の装幀、挿画を手がける。
アクセサリーや食器、舞台衣装のデザインから、CM出演、CD制作まで、幅広いメディアで活躍。全国10ヶ所の美術館を巡回した朝日新聞社主宰「山本容子の美術遊園地」展で、その人気を不動のものにした。

pagetop