平山郁夫「絲綢之路 パミール高原を行く」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

平山郁夫 絲綢之路 パミール高原を行く
画像を拡大

作品名:絲綢之路 パミール高原を行く

作家名:平山郁夫

価格:1,030,000円

技法 /
リトグラフ
サイズ /
(縦) 40.5 cm (横) 60.5cm
ED /
150
レゾネ /
日経新聞社#II-38
制作年 /
2004年
作品状態 /
良好
備考 /
印、サインあり
作品について

奈良・薬師寺の「大唐西域壁画」完成後の初の大作。厳しく苦難の多いシルクロードを歩むキャラバンの後姿が印象的な作品。

略歴

1930年 広島県瀬戸田町に生まれる。

1952年 東京美術学校(現東京芸術大学)日本画科を卒業。

1953年 第38回院展で「家路」が初入選。

1964年 日本美術院同人に推挙される。

1967年 法隆寺金堂壁画再現模写に参加。

1973年 高松塚古墳壁画模写に参加。

1988年 ユネスコ親善大使に就任。

1989年 東京藝術大学学長(~1995年)に就任。

1998年 文化勲章受章。

2001年 再び東京藝術大学学長(~2005年)に就任。
2010年 逝去される。

pagetop