棟方志功「谷崎歌々板画 "夕涼の柵"」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

版画家

棟方志功 谷崎歌々板画 "夕涼の柵"
画像を拡大

作品名:谷崎歌々板画 "夕涼の柵"

作家名:棟方志功

購入価格:お問い合わせください

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 33.4 cm (横) 31.8cm
作品状態 /
良好
備考 /
巴里爾シール、サイン、印あり
作品について

谷崎潤一郎が『中央公論』にて小説『鍵』の連載を始め、その挿絵を棟方志功の板画が飾った。ところが谷崎の事情でしばらく休載する事となった為、その間棟方志功は緊張感を持続させる為に同じ谷崎作品で板画を彫り続ける事を願った。谷崎自身が選び、それを元に作られたのがこの"谷崎歌々板画"である。 戦前からの代赭と群青を主体とした裏彩色の淡い色合いに少しづつ明るく色数も戦後の頃になるにつれ増して行く傾向が見られるのだが、この"谷崎歌々板画"で一気に色数も色の濃さも増して行った。

略歴

1903年 青森県に生まれる。
1921年 ゴッホの「ひまわり」を見て画家になろうと決心する。
1928年 平塚運一に出会い、版画誌「版」の同人となる。第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に入選。油絵「雑園」で帝展初入選。
1935年 国画会会友に推挙される。
1960年 日展評議委員となる。左眼を失明。日版会を設立。
1963年 紺綬褒章を受章。倉敷の大原美術館に棟方館完成。
1970年 文化勲章受章、文化功労者に顕彰される。毎日芸術大賞受賞。
1975年 死去。享年72歳。

pagetop