畦地梅太郎「浅間山」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

版画家

畦地梅太郎 浅間山
画像を拡大

作品名:浅間山

作家名:畦地梅太郎

価格:売約済み

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 18 cm (横) 24cm
ED /
AP
制作年 /
1957年
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

山岳風景を題材とした木版画作品を多数発表し、「山の版画家」として知られる畦地梅太郎。1937年夏に軽井沢へ出かけ浅間山に魅せられ、山を制作の主題に定めて山の風景を描いた作品を多数発表しました。
畦地梅太郎は浅間山を見て、自分が生まれ育った四国では見ることができない、山が煙を吹く姿に感激したようです。浅間山を描いた作品をいくつも残していますが、この作品もその中の1つです。

略歴

1902年12月28日 愛媛県北宇和郡二名村(現・宇和島市三間町)に生まれる。
1920年 愛媛県より上京。
1926年 内閣印刷局に入る。
1927年 日本創作版画協会第7回展に出品し入選。内閣印刷局辞職、版画家となる決心をする。平塚運一、恩地孝四郎に師事。
1932年 日本版画協会会員となる。
1944年 国画会会員となる(1971年に退会)。東北アジア文化振興会勤務のため単身赴任した満州国新京(現・長春)を題材とした版画集「満洲」を出版。
1949年 日本山岳協会会員となる。
1953年 第2回サンパウロ・ビエンナーレに日本代表として出品。
1956年 第4回スイス・ルガノ国際版画ビエンナーレに日本代表として出品。
1971年 「頂上の小屋」「涸沢の小屋」など5点が宮内庁買い上げとなる。
1976年 日本版画協会名誉会員となる。
1985年 愛媛県教育文化賞・愛媛新聞賞受賞。
1986年 三間町名誉町民となる。
1996年 町田市名誉市民となる。
1999年 96歳で逝去。
2003年 三間町(当時)に畦地梅太郎記念美術館がオープン。

pagetop