ピエール・ボナール作品一覧。絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

ピエール・ボナール

Bonnard Pierre

 作品一覧

ピエール・ボナールの作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。

美術品の売却はこちら
略歴

 ピエール・ボナールはナビ派の画家の中で最も日本美術を影響を受けた画家である。また、室内情景などの身近な題材を好んで描いたことで、アンティミスト(親密派)と呼ばれている。

1867年 パリ近郊で生まれる。
大学で法学を学ぶ傍ら、アカデミー・ジュリアンで絵画を学んだ。
1888年 セリュジエを中心に画家グループを結成。(このグループは後にナビ派と呼ばれる。その後絵画やポスター、挿絵、デザイン、舞台装飾を手がけ、19世紀末を代表する画家として活躍した。また、私的な生活を作品に描いて「親密派」とも呼ばれた。)
1889年 エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。 
1890年 学内で開催された日本美術展を見て日本美術の影響を受ける。
1912年 レジョン・ドヌール勲章を辞退。
1918年 「若きフランス絵画」結成の際、ルノワールとともに名誉会長に選出される。  
1947年 死去。

pagetop