横山操 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

横山操

Yokoyama Misao

 作品一覧

横山操の作品の買取致します。
東京・銀座で20余年にわたる信頼と実績。

買取査定の流れ

作品の持込・写真の送付(メール・郵送)も受付しております。


LINE


LINEからも受付中です。上のQR画像からアクセスできます。


略歴

1920年 新潟県生まれ
1934年 洋画家を志し上京。光風会会員の石川雅山宅に寄宿
1938年 第25回光風会展にて、油彩画「街裏」が入選。雅山の勧めで日本画に転向
1939年 川端画学校に学ぶ。第2回新興美術院展で入選
1940年 第12回青龍展で「隅田河岸」が入選。川端龍子に出会う。応召される
1945年 シベリア抑留。カザフスタン周辺で石炭採掘の強制労働に従事
1950年 復員。青龍社に復帰し、社子となる
1954年 第26回青龍展で「変電塔」が奨励賞受賞。社友に推挙される
1956年 初の個展を銀座で開催する。『炎炎桜島』で青龍賞を受賞
1957年 東京都台東区谷中の五重塔が無理心中の男女によって放火、炎上。消失後のその様子を描く(『塔』)
1960年 自らの作品を焼却する。またこの頃から『赤富士』の連作が人々の人気を集め、一躍有名画家となる
1962年 日本画の新たな表現を目指し青龍社を脱退
1963年 これまでとは違う新生横山としての第一回個展・越後風景展を開催する
1966年 多摩美術大学日本画科の教授に就任
1971年 酒の飲みすぎで脳卒中で倒れ右半身不随となる。回復後は左手で制作を続けた
1973年 新作制作中に逝去

pagetop