原精一「赤い服」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

原精一 赤い服
画像を拡大

作品名:赤い服

作家名:原精一

購入価格:売約済み

技法 /
油彩
号数 /
P6
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

裸婦画や人物画を多く描き、独特のタッチと繊細な写実力が特徴の原精一。赤い服を着た女性が、背筋を伸ばしこちらを見つめる姿からは、凛とした気持ちが伝わってきます。

略歴

1908年 2月27日神奈川県藤沢市に生まれる。
1924年 萬鉄五郎に師事する
1926年 第5回国画創作協会洋画部に水彩「四月風景」が入選
1927年 第5回春陽会展に「冬の風景」が入選し、以後同展に出品を続ける。
1936年 第14回春陽会展に「青年立像」で春陽会賞を受賞。
1937年 春陽会会友となるが、同年応召し1941年まで戦地に赴く。
1942年 第20回春陽会展に「笛吹き」などを出品し、岡田賞を受け、春陽会会員に推される。
1943年 再度応召し、1946年に帰国。
1947年 読売新聞社主催第2回新興美術展に「裸婦」他を出品し、読売美術賞を受賞。
1948年 国画会に会員として迎えられ、1964年に退会するまで同展に出品したほか、
      現代日本美術展、日本国際美術展、国際具象展、国際形象展などにも
      制作発表する。
1957年 渡欧。
1970年 再渡。
      昭和10年以来描き続けている裸婦像で知られ、しっかりとした骨格、ダイナミックで
      リズム感のある女性像に特質が認められる。 
1986年 逝去。

pagetop