小磯良平「三人娘」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

小磯良平 三人娘
画像を拡大

作品名:三人娘

作家名:小磯良平

価格:945,000円

技法 /
エッチング
サイズ /
(縦) 46 cm (横) 35.5cm
ED /
50
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

小磯良平は油彩の制作を専らにしていた作家であるが、油彩と同じくらい素描にも力を注ぎ、その素描への愛着や執念が多くの版画作品に繋がり、銅版画作品としても多くの質の高い優れた作品を残している。 この「三人娘」も小磯の持つ極めて高い描写力により、モデルたちの周りの空間をも感じ取れる名品である。

略歴

1903年 神戸に生まれる
1925年 帝国美術院第六回美術展覧会(帝展)に「兄妹」が初入選。
1927年 東京美術学校を首席で卒業。卒業制作は「彼の休息」「自画像」。
1928年 渡仏。「裁縫女」が第13回帝展で特選となる。
1936年 新制作派協会を結成。
1942年 「娘子関を征く」が第一回芸術院賞受賞。
1971年 東京芸術大学を退官、名誉教授となる。
1979年 文化功労者に顕彰される。「画業60年 小磯良平のすべて展」開催。
1988年 死去。享年85歳

pagetop

買取査定サイトへ