山口蓬春「柘榴図」 東京・銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

山口蓬春 柘榴図
画像を拡大

作品名:柘榴図

作家名:山口蓬春

価格:売約済み

技法 /
絹本
サイズ /
(縦) 130 cm (横) 36cm
備考 /
落款、印譜、共箱あり
作品について

豊に実った柘榴が細枝を撓らせる。赤々と瑞々しい実は人でなくとも魅力的にみえるのか、手を伸ばす栗鼠の姿がなんともかわいらしく、写生中心の画風で動物画を得意とした山口蓬春らしい作品です。

略歴

1893年 北海道松前生まれ
1914年 東京美術学校西洋画科入学
1916年 第3回二科展に初入選
1918年 日本画科に転じて松岡映丘に師事
1924年 松岡映丘主宰の新興大和絵会に参加。第5回帝展で「秋二題」が初入選
1926年 第7回帝展で「三熊野の那智の御山」が特選となる。帝国美術院賞受賞
1927年 第8回帝展で「緑庭」が特選
1929年 帝国美術学校教授。帝展審査員
1930年 福田平八郎、中村岳陵、木村荘八らと六潮会結成。
1935年 松岡映丘らの国画院創立に参加し同人となるが、同年に辞任
1950年 日展運営会参事、日本芸術院会員
1954年 日展運営会理、
1958年 日展常務理事
1965年 文化勲章受章。文化功労者。
1969年 日展顧問
1971年 逝去

pagetop

買取査定サイトへ