日本画家

平山郁夫 法輪寺
画像を拡大

作品名:法輪寺

作家名:平山郁夫

購入価格:お問い合わせください

技法 /
リトグラフ
サイズ /
(縦) 14.5 cm (横) 10cm
ED /
100
作品状態 /
良好
備考 /
サインあり
作品について

法輪寺は奈良の斑鳩の里にあり、土地の名前より別名「三井寺」とも呼ばれています。奈良はシルクロードの終着点でもあり、仏教伝来の数々の史跡も残されています。小品ながらも平山郁夫らしいタッチで描かれた法輪寺の作品です。

略歴

1930年 広島県瀬戸田町に生まれる。

1952年 東京美術学校(現東京芸術大学)日本画科を卒業。

1953年 第38回院展で「家路」が初入選。

1964年 日本美術院同人に推挙される。

1967年 法隆寺金堂壁画再現模写に参加。

1973年 高松塚古墳壁画模写に参加。

1988年 ユネスコ親善大使に就任。

1989年 東京藝術大学学長(~1995年)に就任。

1998年 文化勲章受章。

2001年 再び東京藝術大学学長(~2005年)に就任。
2010年 逝去される。

pagetop