藤田嗣治「面影との闘い(大)」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

藤田嗣治 面影との闘い(大)
画像を拡大

作品名:面影との闘い(大)

作家名:藤田嗣治

購入価格:売約済み

技法 /
リトグラフ
サイズ /
(縦) 11 cm (横) 12.2cm
ED /
1100
制作年 /
1941年
作品状態 /
良好
作品について

ナチスがヨーロッパを蹂躙しようとし、戦乱の始まる1939年から40年にフジタは若き時代をすごしたパリにごく短期間ですが戻ります。そこは、もはや世界中の画家をひきつけたあの華やかなパリではありませんでした。彼もまた日本の戦争に巻き込まれつつありました。この優美な女性像はしなやかで美しかったパリの象徴であり、その残像をいつくしむ彼の心情が表された作品といえるでしょう。1940年にこの画集の出版を契約し彼は、あわただしく、愛する日本に戻り、彼もともに戦争へ突入していきます。
ナチス占領下の戦時中の作品のためか、1000部も制作されたわりには、入手が困難なセットの一枚です。

略歴

1886年 東京に生まれる。
1905年 東京美術学校西洋画科に入学。
1913年 パリに渡り、モディリアーニ、スーチンらと交遊を結ぶ。
1919年 サロン・ドートンヌに出品し全作品入選、会員に推挙される。
1921年 サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる。
1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1940年 パリから帰国。
1943年 朝日文化賞受賞。
1948年 近代日本美術総合展に出品。
1949年 渡米の後、パリに戻る。
1951年 「我が室内」「アコーデオンのある静物」など代表作をパリ国立近代美術館に寄贈。
1955年 フランス国籍を取得。日本芸術院会員を辞任。
1959年 君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナール。
1966年 ランスのノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を自ら建設。
1968年 死去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。

pagetop