鏑木清方「葛飾早春」 東京・銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

鏑木清方 葛飾早春
画像を拡大

作品名:葛飾早春

作家名:鏑木清方

価格:売約済み

技法 /
絹本
サイズ /
(縦) 126 cm (横) 43cm
備考 /
落款 印譜
作品について
略歴

1878年 東京の神田に生まれえる。本名は健一。父は文人の條野採菊。
1891年 挿絵画家を目指し、水野年方に入門。
1894年 父が社長を務める「やまと新聞」の挿絵を担当する。
1897年 第2回日本絵画協会共進会に「ひなた」を出品。
1901年 都築真琴、池田輝方らと「烏合会」を結成。
1902年 第5回烏合会展に「一葉女史の墓」を出品。
1916年 吉川霊華らと金鈴社を結成。
1917年 第11回文展に「黒髪」を出品。
1919年 第1回帝展の審査員を務める。
1927年 第8回帝展で「築地明石町」
1929年 帝国美術院会員に選出される
1937年 帝国芸術院会員に選出される
戦後、第2次大戦の空襲で東京の自宅が焼け、鎌倉に移り住む。
1954年 文化功労者、及び、文化勲章を受章。
1972年 鎌倉にて逝去。
雪ノ下の自宅跡には鏑木清方記念美術館が建てられている。

pagetop

買取査定サイトへ