近藤悠三「金彩梅花瓶」 絵画販売・絵画買取で実績が豊富な東京・銀座の画廊です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻・陶芸・浮世絵・茶道具・西洋アンティークなど多彩なジャンルの美術品を豊富に取扱いしています。

彫刻・陶芸家

近藤悠三 金彩梅花瓶
画像を拡大

作品名:金彩梅花瓶

作家名:近藤悠三

価格:売約済み

技法 /
陶器
作品について
略歴

1914年 京都市東山区安井小学校卒業。京都市立陶磁器試験場附属伝修所ロクロ科に入所する。
1917年 伝修所ロクロ科卒業京都市立陶磁器試験場に助手として勤務。当時河井寛次郎、濱田庄司両氏が東京の高等工業を出て、技手として陶器を研究中。濱田氏より窯業科学等を教わる。
1924年 富本氏のもとを辞し京都ヘ帰り、関西美術院洋画研究所に通院。デッサン、洋画の研究のかたわら、図書館などに通い広く学ぶ。家に仕事場を作り作陶を始める。
1928年 第9回帝展に”呉須薊文かきとり花瓶”出品、初入選。以後13回連続入選。
1939年 第3回文展に”柘榴土焼花瓶”特選。
1956年 第3回日本伝統工芸展で、「山水染付壺」が日本伝統工芸会賞受賞。
1958年 京都市立美術大学の教授に就任。
1965年 京都市立美術大学学長に就任。
1970年 紫綬褒章受章。
1973年 勲三等瑞宝章受章、京都市文化功労者章受章。
1977年 染付技法の重要無形文化財保持者に認定される。
1980年 紺綬褒章受章。
1983年 人間国宝「近藤悠三展」を開催。
1985年 死去。享年83歳。


ほかの作品もみる +下のリストを閉じる -

pagetop

買取査定へ