小野竹喬「奥の細道句抄絵より 浪の間や小貝にまじる萩の塵」 東京・銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

小野竹喬 奥の細道句抄絵より 浪の間や小貝にまじる萩の塵
画像を拡大

作品名:奥の細道句抄絵より 浪の間や小貝にまじる萩の塵

作家名:小野竹喬

価格:163,000円

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 27.7 cm (横) 41cm
ED /
250
作品状態 /
良好
作品について

松尾芭蕉の「おくのほそ道」に収録される十句がそのまま作品名になった、小野竹喬晩年の大作「奥の細道句抄絵」の本画を元にした木版画です。
小野竹喬は同シリーズを描くため、事情の許す限り現地に出向いて取材を続け、作品発表までにおよそ三年を費やしました。
小野竹喬を文化勲章受章へと導いた傑作です。

略歴

1889年 岡山県笠岡市に生まれる。本名は英吉。
1903年 京都にて竹内栖鳳に師事する。
1909年 京都市立絵画専門学校別科に入学。
1916年 第10回文展に「島二作」を出品し特選。
1918年 村上華岳、土田麦僊らと国画創作協会を設立。第1回展に「波切村」を出品。
1921年 土田麦僊らとともに渡欧、パリにて越年。
1928年 第7回国展に「冬日帖」を出品。国画創作協会解散。
1936年 新文展審査員に任命される。
1938年 社団法人日展の発足にあたり、常務理事となる。
1947年 日本芸術院会員となる。
1950年 京都市立美術大学教授に就任。
1968年 文化功労者に顕彰される。
1976年 文化勲章受章。
1979年 死去。享年89歳。

pagetop

買取査定へ
買取査定へ