竹内栖鳳 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

竹内栖鳳

Takeuchi Seiho

 作品一覧

竹内栖鳳の作品の買取致します。
東京・銀座で20余年にわたる信頼と実績。

買取査定の流れ

作品の持込・写真の送付(メール・郵送)も受付しております。


LINE


LINEからも受付中です。上のQR画像からアクセスできます。


略歴

1864年 京都に生まれる。
1877年 四条派の土田英林に師事。
1881年 幸野楳嶺の画塾へ入門する。
1887年 京都府画学校北宗画科を修了。
1895年 京都市美術工芸学校の教諭となる。
1900年 渡欧してターナー、コローなどから影響を受ける。棲鳳から栖鳳に改号。
1907年 文展が創設され、審査員となる。
1913年 帝室技芸員となる。
1919年 帝国美術院会員となる。
1920年 翌年と2回にわたる中国旅行、新たな画風の展開をみた。
1924年 代表作となる「班猫」を制作。
1937年 横山大観とともに第1回文化勲章受章者となる。
1942年 死去。享年78歳。

pagetop